スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お空に

2009.01.04 Sun

今日、ふくちゃんを火葬しに行ってきました。

ふくちゃんは、とっても寒い日に産まれ、
そしてとっても寒い日に旅立ちました。

でも今日は久々に天気も良くって、12月だけど暖かい日でした。

葬儀場に行く前に伸びてた爪とひげを切ってあげました。
我が家のチワワ家族は全員私が爪やひげなどカットしてます。
ふくちゃんも大切な家族の一員なので、ちゃんとキレイにしてあげました。


葬儀場では火を入れている間、外に出て煙突を見たら、
ほんの少しの煙というか、熱気というか、空に昇ってくのが見えました。

あれがふくちゃんだったのかな。

ふくちゃんを入れた棺が釜に入っていく時は、
姿を見れるのは本当にこれが最後・・・
そう思うと、3匹の時と同様、
いやそれ以上に、28日間のいろんな思い出が頭の中を駆け巡って悲しかった。
ティルタをぎゅっと抱きしめて、人前なのにオイオイ泣いてしまいました。


でも、外に出てほんの少しの煙のようなものが、
青い空と白い雲に向かって昇っていくのを見ていたら、
「悲しい」という気持ちよりも、なぜだろう?
晴れやかな気持ちになれました。

ふくちゃんが私の沈んだ気持ちも一緒にもって行ってくれたのかな。
そんな風に感じました。

お仕事してる時や、誰かとたわいもない話をしてる時はいいけど、
一人になるとやっぱりまだ時々涙が出るし、心にぽかんと穴が空いた感じ。

でも、この穴はぼぅとティルタをたくさん愛して、埋めていこう。


基本、非常に前向きな元気印の私のことだから・・・・
ぼぅとティルタをたくさん愛してあげたら、完全復活もそんなに遠くない。

ふくちゃんを亡くした悲しみに浸るより、
ぼぅとティルタが病気しないように、しっかり健康管理しよう。
病気や怪我をした時の適切な対応をしてあげれるようになろう。
体の異変にすぐに気付いてあげれるよう、今まで以上に健康チェックしてあげよう。

私自身、もっと勉強していかないといけない。
いろんな人の違う意見に振り回されすぎてる。


今までの獣医さんがいけないということではなく、
ぼぅとティルタの命にも関わることだから、
自分の考えと合うさらに信頼を置ける獣医さんを、ここでもう一度しっかり見極めようと思う。

ぼぅとティルタを守れるのは私しかいないものね。




昨日の日記で、たくさんのお友達からメールなどを頂いて・・・
暖かいお言葉や気持ち、本当に嬉しく思います。
そしてありがとうございます。
ふくちゃんのこと、こんなにたくさんの人に知ってもらえて嬉しかった。

昨日まではふくちゃんとの事は、夢だったのか現実だったのか
分からない感じで本当に辛くって、
昨日の日記はそのまんまの気持ちを書き綴ってしまいました。


正月早々、ホントにブルーと言うより、ブラックな話で・・・

今回は間違いなく私の不適切な対応で
ふくちゃんは短い命になってしまいました。

友達メールで、
「自分の一日一日をもっと大切にしたい」って書いてあったのを読んだ時、
ふくちゃんの死は、それでも無駄ではなかったのかな。
400gの小さい命がしっかりと何かを伝えてくれたように思えました。


私も一日一日を大切に、
ふくちゃんにしっぽ振って喜んでもらえるようなものにしないと。


またいつかふくちゃんと出逢えると思うので、それまでしばらくのバイバイ。
必ず見つけるから待っててね。

スポンサーサイト

コメント

*(涙)・・・

ここのところの日記を読んでいて、
自分がジャンガリアンを亡くしたときを思い出し、うるうるしてました。
(ごめん、ハムスターだけど・・・)
私は結局、新しいハムは飼えずにいるけど、
ママンにはぼぅとティルタがいるじゃないか!!
一杯泣いたら、一杯笑顔になるんだよ、ぼぅとティルタのためにね☆

*たれ子

いっつもありがとう。。。
(ハムスターだってちゃんとした命なんだから)
ぼぅとティルタがいるって事、教えてくれたのはたれ子だったもんね。

しっかりしなきゃ!

本当にありがとうね。

*

前日記から読んで・・・悲しかったです。

でも わんこにとって 飼い主が自分のことを一番一生懸命考えてくれてることが なによりの幸せなんですって。だから ふくちゃんは 腕の中で虹の橋へ旅立って 幸せな気持ちだったとおもいます。動物は 人よりずっと 死ぬことを理解してると聞いたことあります。短くても ふくちゃんの生涯は幸せだったとおもいますよ^^そして 今いる2匹と向き合ってあげてくださいね^^
っていいつつ・・・私もそのときその立場になったら・・・
だから気持ちはすごくわかります・・・。
まずは 体調をこわさないように。
49日の虹の橋へ旅立つ日は きっと晴天だと願ってます。

*Fairyさん

Fairyさん、ありがとうございます。
ふくちゃんの死、短い間だったけど一緒に過ごして成長を見てきた分辛かったです。

Fairyさんの言うとおり本当、いずれやってくるぼぅ達のその時がきたら・・・
飼う時にその事は覚悟を決めて飼い始めました。
寿命や死期がある程度分かっていれば心の準備もできるけど、
そうでない病気や事故などでその時を迎えたら、本当に辛いです。

ワンコだけでなく、私達も明日はどうなるか分からない。
精一杯愛して、そして大げさかもしれないけど、
自分の人生も精一杯悔いのないものにしたいと思います。

晴天であるといいな。

Fairyさん、ありがとう。

*1月6日のブログ

覚えてますかなぁ~わたしをこの子子供作れますか?と訪ねてきたでしょ
後で困る事になるから止めた方がいいよと言ったショップの者ですよ~ 考えて答え出したのに聞かなかったのですね!悲しいです…
知り合いがブログ出してると聞いたので見てたらあなたのブログを見つけました多分そうだ!と思って今書いてます。相談なら乗りますが一度は怒りますよ~ブリーリングを甘く見てたらダメ知識ばっかり頭に入れても実際やらないと解らない事ばっかりだよ!本当に繁殖したいなら信用の置ける人に弟子入りしなさいな
その方がよく解るよ人それぞれやり方があるからね
自分に合うブリーダーを探す方が良いよ~俺も弟子入りして今は店を持たせてもらってやってるよ
師匠は怒るとコワイ人だけどね
おかげで色々学んだよ!またメールします

*たけんさん、ありがとうございます

たけんさん、
多分一昨年の暑い夏の・・・あの時の方かな?
コメントありがとうございます。

その節はありがとうございました。
考えてご返答下さったのに、結果聞かなかった事になってしまってごめんなさい。

ブリーディング、本当に難しい事だと思います。
素人が「我が子の子が欲しい」という単純な考えだけで行うものではないですよね。

まだまだ知識も経験も足りませんが今までに
たくさんの方からたくさんの知識を、分けて頂いたと思っています。

またお会いする機会がある際はご指導の程よろしくお願いします。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowfamily.blog67.fc2.com/tb.php/9-32a41225
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。